作ってみたいのは? 刺しゅう 編み物 ソーイング ビーズ
ロマンティックなロールカラーのプルオーバー
作り方はこの本にのっています。
『広瀬光治<br />
美しい模様の棒針ニット』

著者の持ち味を存分に発揮した、
美しいニット作品が18点!

『広瀬光治
美しい模様の棒針ニット』

広瀬光治

本体価格(税別):1,300円(税別)

[編み物]

ロマンティックなロールカラーのプルオーバー

作家:広瀬光治

 

光をたっぷりふくんだような、繊細な編み地が堪能できる

広瀬光治先生ならではのプルオーバー。

ウール糸とモヘア糸の2本どりで編んでいるので、

モヘアの風合いが加わって軽やかに仕上がります。

模様編みのテクニック

「かけ目」と「減らし目」を組み合わせると、レース模様(すかし模様)が編めます。さらに、かけ目を入れる段や目をずらせば、新たな模様が生まれます。

写真の編み地は、プルオーバーの身ごろ・袖を編んだ「藤模様」のアレンジ。藤模様はかけ目と「2目一度の減らし目」の組み合わせですが、薄いグレーの編み地はかけ目と「3目一度の減らし目」の組み合わせることでジグザグ模様に。白い編み地は、メリヤス編みの部分を増やして、すっきりとした縦ラインの模様にアレンジしました。

身ごろの横柄に使った玉編みは、1目の中から何目かを編み出す(この場合は5目)テクニック。ポコポコとした玉のような模様で、アランセーターに多く使われます。縦ラインのレース模様と併せることで、やさしい雰囲気です。